あなたにとって価値ある情報を...

はじめに

脱毛サロンをオープンする際、内装デザインの重要性を理解することは大切です。
なぜならば、内装デザインはサロンの第一印象を左右する要素であり、集客力を高めるためにも欠かせない要素だからです。
本記事では、内装デザインが脱毛サロン運営にもたらす影響と工事費用について説明していきます。

脱毛サロンの内装デザインがお客さまにもたらす影響とは

脱毛サロンの内装デザインは、お客さまに与える印象を大きく左右する要素です。
内装がどのような雰囲気を醸し出しているかによって、お客さまの満足度や信頼感が左右され、集客に影響が出ることもあります。


内装デザインはブランドイメージにも直結しています。
例えば、豪華な家具や照明を使用している脱毛サロンは高級感を感じますし、ポップなカラーコーディネートは可愛らしいイメージのサロンだと感じさせます。
このように、内装デザインからも脱毛サロンのブランドの特徴や提供する価値を伝えることができるのです。


また、脱毛サロンは衛生管理が大事な施設なので、清潔な内装にすることで安心感や信頼感を与えることができます。
客さまが長時間滞在する場所でもあるので、リラックスできる居心地の良さを演出することも大切です。


さらに、プライバシーを守る配慮も必要です。
脱毛サロンは個人の身体に関わる施術を行う場所なので、間仕切りやカーテンなどを活用して、お客さまが安心して施術を受けられる環境を整えましょう。

脱毛サロン内装のポイント

施術ルームは清潔感を大事にする

施術ルームは清潔感を大事にすることがポイントです。
施術ルームのカラーリングは白やパステルカラーなど、清潔感を与える明るめの色を選ぶといいでしょう。
また、壁には汚れが目立たないように、防汚性の高い素材を使用することも大切です。


次に、施術ベッドや椅子の選び方も重要です。
清潔感を保つためには、素材が汚れにくく清潔に保ちやすいものを選びましょう。
また、クッションの交換がしやすいタイプのものを選ぶと、いつでも清潔な状態を保つことができます。


インテリアの選び方とコーディネート

まずは、脱毛サロンのイメージに合ったカラースキームを選ぶことが重要です。
明るい色調を選ぶことで、お客さまに心地よさを感じさせることができます。
また、色の組み合わせにもこだわりましょう。
アクセントカラーを取り入れることで、ワンポイントでおしゃれさを演出することができます。


そして、脱毛サロンはお客さまが長時間滞在するため快適な家具の選定も重要です。
座り心地の良い椅子やソファを配置することでリラックスした時間を過ごしてもらえます。
また、デザイン性も考慮しましょう。
シンプルで洗練されたデザインの家具を選ぶことで、高級感と清潔感を演出することができます。


壁面やスペースにはアートやグリーンを取り入れることで、おしゃれで心地よい空間を演出することもできます。
アートは、サロンのイメージに合ったものを選ぶことで個性を表現することができます。
また、グリーンはリラックス効果や空気浄化効果をもたらすため、積極的に取り入れていきましょう。


最後に、コーディネートの統一感も重要です。
カラースキームや家具、照明、アート、グリーンなど、全体のバランスを考えながら統一感のあるコーディネートを心掛けましょう。
全体の雰囲気が統一されていると、お客さまに高級感と安心感を与えることができます。


照明の重要性と効果的な使い方

脱毛サロンの内装デザインにおいて、照明は非常に重要な要素となります。
適切な照明の使い方によって、おしゃれでリラックスした雰囲気を演出することができます。


まず、ポイントとしては、明るさと柔らかさを兼ね備えた照明を選ぶことが大切です。
明るすぎると緊張感が生まれ、柔らかすぎると眠たくなる可能性があります。
そのため、適度な明るさを保ちつつ柔らかい光を放つLED照明を使用することをおすすめします。


また、効果的な使い方としては間接照明を取り入れることが挙げられます。
間接照明とは、壁や天井に向けて光を当て間接的に部屋全体を照らす方法です。
これにより部屋全体が均一に明るくなり、居心地の良い空間を作ることができます。



内装工事費用について

内装工事費用はどのくらいかかる?

脱毛サロンの内装デザインはお店の雰囲気作りにとても重要な要素ですが、内装工事にはそれなりの費用がかかるため、事前に予算を把握しておくことが重要です。
内装工事の費用は、店舗の広ささデザインによって変動し、一般的には1平米あたり15~30万円程度の費用がかかると言われています。
また、内装工事の費用には設計費や施工費だけでなく、素材や家具の購入費用も含まれるので注意が必要です。


内装工事費用の内訳は?

内装工事費用の内訳の一例をご紹介します。

建材費

内装工事では壁や床の材料が必要です。
例えば、壁材と呼ばれるクロスやタイルなどのことを指します。
その他床材に使用されるカーペットやフロアタイルなども建材費に含まれます。


設備費

脱毛サロンには特殊な設備が必要です。
例えば、業務用脱毛器やエステ用の機器などがあります。
これらの設備の費用も内装工事に含まれます。


電気工事費

使用する業務用脱毛機の使用電力が高い場合は、別途電気工事費が必要になる場合があります。
その他配線工事などの費用も電気工事費に含まれます。


照明費

例えば特殊な証明器具を使用する場合、購入や取り付け費用も内装工事費用に含まれます。


備品費

例えば受付カウンターやカウンセリングルームの机や椅子など備品なども費用に含まれます。


内装工事費用を抑える方法とは?

予算が限られている場合は、以下のような工夫で費用を抑えることができます。

  • 中古の家具を利用する
  • DIYで工事を行う
  • 簡素なデザインや素材を選ぶ

中古の家具を利用する

内装工事には、家具や資材の購入費用も含まれます。
新品の家具や資材は、高額になりがちですが、中古のものを活用することで費用を抑えることができます。
中古の家具や資材は、フリマサイトやオークションサイト、リサイクルショップなどで探すことができます。


DIYで工事を行う

時間に余裕がある場合や技術に自信がある場合は、DIYで行うことも検討するといいでしょう。
自分で工事を行うことで人件費を削減することができます。
しかし、専門的な知識や経験が必要な場合もあるため、注意が必要です。


簡素なデザインや素材を選ぶ

凝ったデザインや、珍しい素材はどうしても費用が高くついてしまいます。
自分の脱毛サロンだとこだわりが強くどうしても凝ってしまいがちですが、シンプルかつ最低限にすることで、工事費用を大幅に抑えることができます。
しかし、簡素にしたせいでサロンコンセプトから大幅に外れてしまわないように注意しましょう。

まとめ

脱毛サロンの内装デザインは、お客さまへの印象やブランドイメージに大きな影響を与え、顧客満足度や集客に関わる要素のひとつです。
内装から脱毛サロンの特徴や価値を伝えることができ、清潔感・プライバシー保護などに配慮が必要です。
施術ルームでは清潔感を重視し、明るい色調と汚れに強い素材を選ぶことがポイントです。
家具はインテリアの統一感を考えた選定や配置が大切です。
照明は明るさと柔らかさを兼ね備えたLED照明を選び、間接照明を活用するといいでしょう。
内装工事費用は広さやデザインに依存するため、予算を把握し、中古家具やDIYなどで費用を節約する方法も検討できますが、サロンのコンセプトを損なわないように心掛ける必要があります。

記事作成者

脱毛ソムリエ
脱毛業界に約17年従事し、機器メーカーの営業やマーケティングまた、サロン運営コンサルティングも経験。多岐にわたる美容業界経験を活かし、一人のお客様だけでなくこの業界の発展向上に寄与したいと願っている。
page top