あなたにとって価値ある情報を...

毛周期とは?部位ごとの毛周期や脱毛との関係性を解説

毛周期とは?部位ごとの毛周期や脱毛との関係性を解説

はじめに

脱毛をする時にはよく「毛周期に合わせて脱毛をする方がいい」と言われていますが、なぜ脱毛において毛周期が重要なのでしょうか? 今回は、毛周期とはなにか?また、脱毛と毛周期の関係性について説明していきます。

毛周期とは?

毛周期とは、毛が生え変わる一連の過程を指します。 成長期・退行期、休止期の3つの段階を繰り返すことで毛の生え変わりが行われます。

毛周期と脱毛の関係


成長期

成長期は、毛が成長している段階で、毛根が活発に毛を生産しています。


退行期

退行期は成長期の後に訪れる段階で、毛の成長が停止し毛根が収縮します。


休止期

休止期は、毛が休んでおり、新しい毛根の成長が始まる前の段階です。 この段階では、毛が毛穴から抜けやすくなります。

脱毛に最も適しているのは「成長期」

脱毛効果を最大限に引き出すためには、毛が成長期にあるときに光脱毛を行うことが重要です。 成長期の毛根は活発で、光エネルギーがしっかりと吸収されるため、効果的な脱毛が期待できます。


部位ごとの毛周期と脱毛ペース

毛周期には個人差があり、部位ごとに成長期、退行期、休止期の長さが異なります。 例えば、顔の毛は約4週間ごとに毛周期が循環し、脱毛のペースもそれに合わせて行う必要があります。体毛の場合、毛周期はさらに長くなることがあります。

部位ごとの毛周期と脱毛ペース

脱毛が完了するまでの回数と期間

脱毛を完了させる為には、毛の成長サイクルに合わせた複数回の施術が必要です。 なぜならば、今皮膚の表面に見えている毛は、全体の30%程度しかないからです。 その中でも成長期の毛は全体の5~15%程度と言われています。 1回脱毛しただけでは全体の5~15%程度の毛にしか光エネルギーを照射できないため、成長期かつ皮膚の表面に出ている毛全てに当てるまで期間を置いて複数回施術をする必要が出てきます。 一般的には6回から12回の施術でほぼ毛がなくなると言われていますが、毛周期が長い部位や毛質毛量が多い場合はそれ以上かかることもあります。

毛周期が乱れる原因

毛抜きによる自己処理

毛抜きで毛を毛根ごと引き抜いてしまうと、成長期の毛が突然抜かれることになるため、新しい毛が生えるサイクルが乱れてしまう可能性があります。 これにより、毛が均等に成長することが難しくなり、脱毛効果が薄れてしまうことがあります。


ホルモンバランスの乱れ

ホルモンは毛の成長に影響を与えるため、ホルモンバランスが乱れてしまうと毛周期に変動を引き起こす可能性があります。 毛周期が変動してしまうと脱毛に適した施術サイクルも乱れてしまうため、施術のタイミングがくるってしまい脱毛効果が薄れてしまう場合があります。

毛周期を乱さないための対策

毛抜きやカミソリで自己処理をしない

毛周期を乱さないためには、毛抜きによる自己処理は行わないようにしましょう。 どうしても毛を剃る必要がある場合も、電気シェーバーなどを使用して、なるべくお肌への負担が少なくなるようにするといいでしょう。


規則正しい生活を心がける

睡眠不足や暴飲暴食など、生活習慣が乱れるとホルモンバランスも崩れてしまいます。 そのため、なるべく規則正しい生活を心がけ、ホルモンバランスが崩れないようにすると毛周期も安定し、脱毛効果も高くなるでしょう。

毛周期に合わせた光脱毛ならIPL脱毛

一般的なエステ脱毛はいわゆる「光脱毛」というもので、毛の黒い部分に光の熱エネルギーを反応させて脱毛する方式の施術方法です。 その為、光の熱エネルギーに反応する毛の黒い部分が一番太く濃くなっている成長期に合わせて施術をすることが一番脱毛効果を得ることができます。 特にIPL脱毛は、出力が高く、毛の黒い部分に与える熱エネルギーも高いため、成長期に合わせて脱毛施術を行う場合はIPL脱毛がおすすめです。

毛周期に合わせない光脱毛ならSHR脱毛

同じく光脱毛の種類であるSHR脱毛は、IPL脱毛よりも出力が低い代わりに、毛周期に関係がなく施術が行えることが特徴の方式です。 毛の黒い部分に熱エネルギーを伝えるIPL脱毛と異なり、SHR脱毛はバルジ領域と呼ばれる発毛指令部分に光の熱エネルギーを与えて脱毛する方法のため、毛の太さや濃さ、毛周期に関係がなく施術を行うことができます。 その分効果が出るまでに時間がかかりますが、毛周期に左右されずに施術を行うことができるの為、自分の好きなペースで通いたい場合はSHR脱毛がおすすめです。

まとめ

人間の毛には部位ごとに毛周期が存在し、成長期、退行期、休止期を繰り返しながら毛の生えかわりを行っています。 毛周期に沿って効果的な脱毛を行いたい場合はIPL脱毛、毛周期に関係なく脱毛を行いたい場合はSHR脱毛がおすすめです。 全身脱毛は大体6~12回で完了すると言われており、最短回数で脱毛を完了させたい場合は、毛周期に沿ってIPL脱毛を行うのが一番適切です。 ただし、毛抜きによる自己処理や、ホルモンバランスの乱れなどで毛周期が乱れてしまうことがあるので、自己処理を控え、なるべく規則正しい生活を行うことで、より効果的に脱毛を行うことができるでしょう。

記事作成者

脱毛ソムリエ
脱毛業界に約17年従事し、機器メーカーの営業やマーケティングまた、サロン運営コンサルティングも経験。多岐にわたる美容業界経験を活かし、一人のお客様だけでなくこの業界の発展向上に寄与したいと願っている。
page top